商いに関するご相談完全サポート

融資・補助金・助成金

平成28年度第2次補正予算事業 小規模事業者持続化補助金(一般型)のご案内
宇都宮商工会議所の「事業支援計画書(様式4)」の発行受付締切は平成29年1月20日(金)までです。

 宇都宮商工会議所では、当商工会議所管内(平成19 年3 月31 日市町合併前の旧宇都宮エリア)の小規模事業者の皆さまを対象に小規模事業者持続化補助金の相談・受付を行っています。
 本補助金は、小規模事業者が商工会議所の助言等を受けて経営計画を作成し、その計画に沿って地道な販路開拓等に取り組む費用の2/3(補助上限額50万円)を補助するものです。


≪対象となる取り組みの例≫
@広告宣伝
  ・新たな顧客層の取り込みを狙い、チラシを作成・配布
A集客力を高めるための店舗改装
  ・幅広い年代層の集客を図るための店舗のユニバーサルデザイン化
B商談会・展示会への出展
  ・新たな販路を求め、国内外の展示会へ出展
C商品パッケージや包装紙・ラッピングの変更
  ・新たな市場を狙って商品パッケージのデザインを一新
DITを活用した広報や業務効率化
  ・ホームページの開設やネット販売システムの構築、管理システムの導入


1 本補助金の内容・申請方法について

 日本商工会議所の特設ウェブサイトにアクセスしていただき、掲載されている公募要領や提出書類をダウンロードしてご覧ください。


2 対象

 

卸売業・小売業

常時使用する従業員の数  5人以下

サービス業(宿泊業・娯楽業以外) 時使用する従業員の数  5人以下
サービス業のうち宿泊業・娯楽業 常時使用する従業員の数 20人以下
製造業その他 常時使用する従業員の数 20人以下
 

 ※その他、補助対象とならない業種もありますので、公募要領を必ずご確認ください。

3 対象となる事業

 経営計画に基づき、商工会議所の支援を受けながら実施する販路開拓等のための事業
 経営計画書や補助事業計画書の作成にはある程度時間がかかります。まずはお早めに当商工会議所経営支援部までお問い合わせください。
 また、本補助金の採択に関しては、国による一定の審査があります。ご希望に添えない場合があります。


4 補助対象経費

 機械装置等費、広報費、展示会等出展費、旅費、開発費、資料購入費、雑役務費、借料、専門家謝金、専門家旅費、車両購入費(買物弱者対策事業の場合に限ります)、委託費、外注費


5 補助率・補助額

・補助率 補助対象経費の2/3以内  
・補助額 上限50万円(@従業員の賃金を引き上げる取り組みを行う事業者、A雇用を増加させる取り組みを行う事業者、B買物弱者対策の取り組み、
       C海外展開の取り組みは上限100万円)
       *複数の事業者が連携する場合には、上限は100万円〜500万円です。


6 申請から補助金受領までの基本的な手続の流れ


※「買い物弱者対策の取組」を申請しようとする場合は、取組を行う地域の市区役所・町村役場が発行する「推薦書」が必要となります。
※本事業の趣旨から、社外の代理人のみでの、地域の商工会議所への相談や「事業支援計画書」の交付依頼等を行うことはご遠慮ください


7 手続きの期限等(平成28年度第2次補正予算事業【一般型】)

 

1.申請受付開始

平成28年11月4日(金)

2 宇都宮商工会議所で提出書類一式の確認および
   事業支援計画書の発行受付締め切り(上記A)
平成29年1月20日(金)まで
※発行までには2〜3日以上かかります
3.日本商工会議所(補助金事務局)
  への申請書類一式の送付締切(上記B)
平成29年 1月27日(金)
【最終日当日消印有効】
4.採択結果公表 平成29年3月中旬予定
5.補助事業の実施期限 交付決定通知受領後から
平成29年12月31日(日)まで
 

8 その他

経営計画書の作成には相当程度時間がかかります。まずは一度、早めに窓口にお越しください。
また、経営計画書の作成にあたって参考となるアプリ「経営計画つくる君」が独立行政法人中小企業基盤整備機構から提供されています。計画の土台づくりに、ぜひご活用ください。
「経営計画つくる君」


9 お問い合わせ

宇都宮商工会議所経営支援部 TEL.028-637-3131